【投資家登録で全員1000円】管理人も投資しているソーシャルレンディング 投資家登録する

スタバの株主優待は復活する?廃止の理由やおすすめな株主優待7選を紹介

スタバの株主優待は復活する?廃止の理由やおすすめな株主優待7選を紹介
  • URLをコピーしました!

スタバ(スターバックス)の株主優待は2024年に廃止されましたが、「復活する可能性はあるの?」「他におすすめな株主優待はないの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、スタバの株主優待が廃止された理由や復活の予定、スタバの代わりにおすすめなカフェの株主優待7選について、詳しく解説します。

スタバに代わる株主優待を探している方は、ぜひ最後まで記事をご覧ください。

目次

スタバの株主優待の内容と廃止理由

まずは、以前行われていたスタバの株主優待の内容と、廃止理由について簡単に確認しましょう。

廃止前は全国で使えるドリンク無料チケットがもらえた

以前行われていたスターバックスの株主優待は、日本全国の店舗で利用可能なドリンク無料チケットの配布です。株を持っている数によって、もらえるチケットの枚数が変動し、100株以上で2枚、500株以上で4枚、1,000株以上で10枚、1万株以上で20枚となっていました。

この株主優待のチケットは、コーヒーやフラペチーノなど、どの種類の飲み物でも利用可能で、サイズやオプションも追加料金なしで選択できます。そのため、高額なベンティサイズや季節限定のフラペチーノも選ぶことができ、非常にお得感の強い株主優待でしたが、2014年に廃止されてしまいました。

株主優待廃止の理由は「上場廃止になったから」

スターバックスの株主優待廃止の理由は、スターバックスコーヒー・ジャパンが2015年3月に上場廃止になったことにあります。この上場廃止は、アメリカ本社が日本のスターバックスを買収し、完全子会社化したことに起因します。

これにより、スターバックスコーヒー・ジャパンは株式市場から撤退、株を購入できなくなり、その結果として株主優待制度も廃止されました。

スタバの株主優待が復活する予定はある?

現時点では、スターバックスの株主優待が復活する予定はありません。なお、日本からでも、アメリカのスターバックス本社の株主になることは可能です。

ただし、日本企業では株主優待が一般的ですが、欧米企業の多くは株主優待を実施していません。アメリカのスターバックス本社もその例外ではなく、株主優待は実施していないようです。

スタバの代わりにおすすめなカフェの株主優待7選

スタバの株主優待が廃止された昨今、代わりにお得な株主優待が受けられるおすすめのカフェは、以下の7社が挙げられます。

  • 伊藤園
  • ドトール・日レスホールディングス
  • コメダ・ホールディングス
  • 銀座ルノアール
  • サンマルクホールディングス
  • キーコーヒー
  • ダスキン

それぞれの会社が展開しているカフェの特徴や株主優待の内容について、詳しく解説します。

伊藤園

伊藤園(2593)が展開するカフェ、タリーズコーヒーは、高品質なコーヒーと快適なカフェ体験を提供することで知られています。豊富な種類のコーヒー豆やドリンクメニュー、こだわりの焙煎法による味わい深いコーヒーが魅力です。

タリーズコーヒーの株主優待は、保有株数に応じて自社飲料の詰め合わせが提供されます。ただし、タリーズの利用やコーヒー豆の提供はありません。保有株数によって異なり、100株以上保有すると1,500円相当、1,000株以上の保有で3,000円相当の詰め合わせが、年に1回届けられます。

ドトール・日レスホールディングス

ドトール・日レスホールディングス(3087)が展開するカフェは、ドトールコーヒー、エクセシオールカフェ、星野珈琲店です。

ドトール・日レスホールディングスの株主優待は、ドトールコーヒーショップとエクセルシオールカフェで利用できる割引が受けられる株主優待カードです。

年に1回、毎年5月末に届きます。保有株数に応じて異なり、100株以上保有すると1,000円相当、300株以上で3,000円相当、500株以上で5,000円相当の割引が受けられます。

コメダ・ホールディングス

コメダ・ホールディングス(3543)が展開するカフェは、和風モダンな雰囲気と、親しみやすいサービスが特徴のコメダ珈琲です。自慢のコーヒーだけでなく、モーニングセットやトーストメニューなど、定番の軽食も人気があります。

コメダ・ホールディングスの株主優待は、自社プリペイドカード「KOMECA」です。株主が100株以上を保有すると、年に2回、1,000円相当の電子マネーがチャージされます。さらに、300株以上を3年以上継続保有すると、さらに1,000円分増額されます。

この優待は、株主がカフェでの飲食を楽しむ際に利用できる便利な電子マネーとして提供され、コメダ珈琲の魅力をさらに堪能できる機会を提供します。

銀座ルノアール

銀座ルノアール(9853)は、洗練された雰囲気と高品質なカフェ体験を提供しています。落ち着いた雰囲気の店内で、厳選されたコーヒーや紅茶、スイーツなどを楽しむことができる、高いクオリティとサービスが特徴です。

銀座ルノアールの株主優待は、株主が年に1回、100株あたり1,000円分の飲食券を受け取れます。さらに、保有株数に応じて特典が増え、500株を超えると5,000円、1000株以上では1万円相当の飲食券や3,500円相当のコーヒーセットが提供されます。

このように、株主がたくさんの株を保有すればするほど、より多くの特典を享受できる仕組みとなっています。

サンマルクホールディングス

サンマルクホールディングス(3395)が展開する多彩な飲食メニューと心地よい雰囲気が特徴のサンマルクカフェは、お得な株主優待と幅広い飲食メニューが魅力です。

サンマルクホールディングスでは、株主が100株以上保有すると、自社グループ店舗で20%割引が受けられる株主優待カードがもらえます。このカードは1年間有効で、翌年のカードが届くまで何度でも繰り返し利用可能です。

保有株数に応じて割引額がアップするわけではありませんが、100株の保有でも20%の高い割引率が適用されるため、多くの株主にとって魅力的な特典となっています。この優待を利用することで、サンマルクカフェの美味しい料理や飲み物をお得な価格で楽しめるでしょう。

キーコーヒー

キーコーヒー(2594)は、業務用をメインに、高品質なレギュラーコーヒーの製造販売を行っています。業務用を主体としながらも、豊富な種類のコーヒー豆やブレンドがあり、ドリップコーヒー、水出しコーヒー、株主限定ブレンドコーヒーなど、自宅でのコーヒー愛好家にも愛される製品を提供しています。

キーコーヒーの株主優待は、年に2回自社コーヒーの詰め合わせが提供され、保有株数に応じて、それぞれ異なる金額相当の詰め合わせが受け取れます。具体的には、100株以上で1,000円相当、200株以上で2,000円相当、300株以上で3,000円相当、1,000株以上で5,000円相当のコーヒー詰め合わせがもらえる仕組みです。

これにより、株主は自社の高品質なコーヒーをお得に味わうことができるでしょう。

ダスキン

ダスキン(4665)が展開するカフェは、多彩なドーナツやスイーツ、軽食を提供するミスタードーナツと、ジューシーなハンバーガーやフライドポテト、サラダなどのメニューが揃うファストフードチェーンのモスバーガーです。

ダスキンの株主優待は、年に2回(3月31日と9月30日)に行われ、保有株数と保有継続期間に応じて、株主優待券が提供されます。具体的な内容は、保有期間が3年未満で100株以上保有の場合は1,000円分の優待券(500円券2枚)、300株以上保有の場合は2,000円分の優待券(500円券4枚)です。また、保有期間が3年以上で100株以上保有の場合は1,500円分(500円券3枚)、300株以上保有の場合は2,500円分(500円券5枚)の優待があります。

これにより、株主はミスタードーナツやモスバーガーでの食事をお得に楽しめるでしょう。

スタバの株価・株式情報・配当まとめ

ここでは、アメリカのスタバ(スターバックス)の株価や株式情報、配当などについての詳細をまとめました。

特徴内容
時価総額105,477,587.00千ドル
発行済み株式数1,132,219,700株
株単価1株:$93.165株:$465.8010株:931.60
直近の配当利回り2.15%
配当支払月2月、5月、8月、11月

参照:https://finance.yahoo.co.jp/quote/SBUX

スターバックスなどの米国株を購入するときにおすすめの証券会社

スターバックスなどの米国株を購入するときにおすすめの証券会社を紹介します。

ウィブル証券

Webull(ウィブル)証券は2023年4月から日本で利用できるようになった証券会社です。

米国株・米国ETFの取引手数料は0.275%(税込)と非常に安く、為替取引手数料も15銭です。

ウィブル証券のメリット

  • 米国株関連の取扱銘柄数が多い
  • 米国株の取引手数料が安い
  • 単元未満株の取引ができる
  • 取引ツールのUIが優れている取引ツールのUIが優れている
  • 取引時間が長い

定期的に口座開設キャンペーンが開催されているので、少しでもお得に証券会社の口座開設を行いたいという人におすすめです。

auカブコム証券 | 携帯キャリアがauならおすすめ

auカブコム証券はau経済圏と相性が良いネット証券です。

auカブコム証券では、条件を満たすとPontaポイントが貯まります。

また、「au IDの登録で、現物および信用取引の手数料が1%割引」「auカブコム証券でKDDIの株式を100株以上保有すると、現物および信用取引の手数料が最大15%割引」などauユーザーやKDDI株主向けの特典もあります。

プチ株と呼ばれる1株から投資できるサービスもあるので、高配当株をはじめとした個別株に挑戦してみたい人にもおすすめです。

\ au経済圏の人におすすめ /

マネックス証券 | 無料クレカでの積み立て還元率No.1

マネックス証券は主要ネット証券(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券)の中で最大のポイント還元率 1.1%となっています。

ワン株(単元未満株)の買付手数料と投資信託の購入時申込手数料は0円で手数料がかからないのも嬉しいポイントです。インデックス投資+高配当株に挑戦したいという人にもマネックス証券はおすすめです。

また、IPO(新規公開株)の取り扱い銘柄数が多いうえ、完全平等抽選なので投資資金の少ない人でも当選が期待できるので、IPO投資に挑戦したい人にもおすすめです。

今なら、口座開設で2000円がもらえるキャンペーンも実施中です。

SBI証券 | 手数料が格安

SBI証券は業界トップのシェア率を誇っており、手数料が格安という特徴があります。

手数料には「スタンダードプラン」「アクティブプラン」の2つのプランがあり、スタンダードプランの手数料は55円〜、アクティブプランは1日の約定代金が100万円までなら無料です。プランは途中で変更が可能なので、投資スタイルに合わせて好きなプランを選択しましょう。

また、外国株式を全部で9カ国扱っており、証券会社の中では最多となっています。

  • 米国株式
  • 中国株式
  • 韓国株式
  • ベトナム株式
  • ロシア株式
  • インドネシア株式
  • シンガポール株式
  • タイ株式
  • マレーシア株式

三井住友カードでの積立投資をおこなうと、積立額の0.5%~5.0%相当のVポイントがたまります。クレジットカード積立投資の上限は5万円となるので、三井住友カードを利用すると250円〜2500円お得になります。

また、SBI証券は1株から取引できるS株(単元未満株)も取り扱っているので、高配当株の投資にもおすすめです。

スタバの株価・株主優待に関するよくある質問

スタバの株価や株主優待に関してよくある質問をまとめましたので、以下よりご覧ください。

スタバの株価は日本円でいくら?

現在、スタバの株価は1株あたり$93.16です。

これを日本円($1.00=150.10円 ※2024/03/03時点)に換算すると、約13,983円になります。

スタバ株は100株でいくら?

スタバ株を$93.16で100株買った場合、$9,316です。

これを日本円($1.00=150.10円 ※2024/03/03時点)に換算した場合、スタバの株を100株買うためには約1,398,331円が必要になります。

ミスドの株主優待を受けるには?

ミスタードーナツの株主優待を受けるためには、以下の条件を達成する必要があります。

<保有期間が3年未満の場合>

  • 100株以上保有:1,000円分の優待券(500円券2枚)
  • 300株以上保有:2,000円分の優待券(500円券4枚)

<保有期間が3年以上の場合>

  • 100株以上保有:1,500円分(500円券3枚)
  • 300株以上保有:2,500円分(500円券5枚)

まとめ:スタバの株主優待が復活する可能性は低い

今回は、スタバの株価や株主優待の内容について解説しました。残念ながら日本のスタバの株主優待は2014年に終了してしまいましたが、代替策として株主優待が受けられるカフェを紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、現在日本のスタバの株を購入することはできませんが、アメリカ本社のスタバ株は購入可能です。株主優待制度はないものの、投資先の一つとして検討してみることも選択肢の一つといえるでしょう。

アマギフキャンペーン中

新規投資家登録でアマギフがもらえる不動産クラウドファンディング・ソーシャルレンディングで投資家登録を行って無料で5000円ゲットしよう!

  1. AGクラウドファンディング(1000円)
  2. DARWIN funding(500円)
  3. プレファン(1000円)
  4. Funvest(1000円)
  5. クラウドバンク(500円)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インデックス投資と不動産クラウドファンディングを中心とした投資で資産形成を頑張る20代OLです。節約と副業で入金力を増やしています。資産形成・投資・副業・節約などについての記事を執筆します。

目次